糟屋郡には引越しも考えるほどの歯医者さんがあるとか?! 2017年11月8日

糟屋郡には歯医者さんでは珍しいノボリの立つはかたの森こども歯科があります。
恐らく、ノボリだけで見れば糟屋郡でしか見れない歯医者さんといえるでしょう。
まあ、なにか特別な時期だけではあるようですが、それでも歯医者さんでは一度も見ることはないものです。

建物のデザインもユニークで、歯医者の看板的役割を大いに占めているようです。
また、珍しいのは外だけに留まらず、中ではまず受け付けにとまどいそうなのです。
確かにオフィスではないのに、歯医者さんに受付嬢がいるんだといいます。
思わず、「歯医者さんですよね?」と聞いてしまうかもしれないのがこの歯医者かもしれません。

あとは社長イス並のふかふかそうなイスで診てもらえるというところが大人の心を掴みます。
なにもかもが珍しいのに、糟屋郡では日常的なこと、というのがまたいいのでしょう。

そして、不満の出にくい歯医者さんづくりが徹底されているところがどんどん見えます。
詳しい説明をマスクなしではっきりと伝えてくれる環境があるのも第一にあげられるところかなと思います。
対面している患者さんとの時間に専念してもらえるので、患者も気が散りにくいものです。

糟屋郡には引越しも考えるほどの歯医者さんがあるとか?! はコメントを受け付けていません。
Categories: その他