留学をしてみて思ったこと 2018年11月28日

海外生活を行なった経験はあるでしょうか?
最近では多くの方が、日本から飛び出し海外へと出ていきます。
こうした方は本当に素晴らしく、勇気がある行動と言えるでしょう。
しかし実際に自分が留学のように海外で生活してみるといろいろと感じることもあります。
まず留学をしたからと言って、必ず語学が進歩するわけではないという事です。
その半面、留学をすることによって大きく英語能力などを伸ばすことができる方もいます。
重要なことは、なんでしょうか?
なぜ人によって進歩の度合いが大きく異なるのでしょうか?

鍵になるのは、人とのコミュニケーションを取る機会を積極的に活用しているのかという点にあります。
人と話すのが苦手で、留学中も自分からコミュニケーションを取っていないなら、英語を話す機会が少なくなってしまい、結果として英語能力を伸ばすことはできません。
いわば、日本にいて英語を勉強しているのと、まったく変わらないということになります。
これでは留学をしてもほとんど意味がありません。
英語の能力を伸ばしていない方に共通しているのは、留学をしても外国人と話していないという事です。

留学をしてみて思ったこと はコメントを受け付けていません。
Categories: その他